スマホならではの副業

   2021/12/15

スマホを活用した副業を考えた際に何といってもメリットがあるのはいつでもどこでも誰でもアクセスしながら仕事を探すことができる、その1点だと思います。

そして、仕事を依頼したい発注者にとっても可能な限りリアルタイムに必要な仕事量を、リーズナブルに発注したいというのが実態です。

このような事業と供給がマッチングすることによって新たなビジネスも生まれてきます。ですからこのようなビジネスの口コミや仕組みをいち早く知り、うまく活用することによって副業が成り立つと考えれば良いでしょう。

まず、考えられるのが日雇いで作業を行うような仕事になってきます。
警備員や引っ越し屋さん、イベントの誘導スタッフ、交通数字管理といった資格が必要もなく、誰もが作業できる仕事です。実際にはこのような仕事はギリギリになるまで発注側にとっても必要な人数や作業量が確定しないこともあって、スマートフォンを活用したフレキシブルな発注方法があることが大きなメリットになっています。

だからこそスマホを活用して受注側もいつでもどこでも仕事ができる体制を整えておくことが重要になってきます。
では、このような副業について具体的な流れを紹介していきたいと思います。発注する側はどのような人材をどのような賃金、時間、作業で発注したいかを中間事業者である企業に登録をします。

中間事業者である企業は、ポータルサイトに受注者に対して情報をオープンにします。リアルタイムでこの情報が変更されていくので受注側は、仕事の発注状況を見ながら、空き時間を見つけて仕事を受注していくことになります。

もちろん、給与の支払いについても中間事業者に対して発注が丘支払い、受注側中間事業者から振り込まれることになりますので大きな問題はありません。契約についても中間事業者が一括で取りまとめていますので後々のトラブルが発生した際も問題なく解決することができると言う具合です。

学生や主婦、社会人であっても休日であればこのような働き方ができれば効率よく仕事にありつくことができます。これだけ働く人材を見つけることが難しい状況においては、固定した雇用を見つけるのではなくうまく活用することによって誰もが働きやすい環境と言えるのではないでしょうか。今後もこのような働き方については需要と供給がさらに大きくなりますので、市場が広がっていく方向になると考えられます。多様な働き方の1つと考えても良いかもしれません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket