アフィリエイトで必要なASPの数は?

   2022/03/15

アフィリエイトをするときにはASPというサイトに登録をしないといけません。
ASPというのは自分のブログなどに載せる広告を取得することができるサイトのことで、いくつかあります。

そんなに大量に存在するわけではないものの、メジャーなところで言えば5~10くらいはあると言えるでしょう。
基本的にはそのASPに複数登録していくということになりますから、そういったつもりでいてほしいです。

しかし、このASPは1つのみ登録という人はほとんどいないでしょう。
アフィリエイトで稼いでいる人のほとんどは複数のASPに登録しているはずです。
ただ、複数のASPに登録するとなると、問題はいくつ登録すべきなのか?ということですが、正解はないものの、基本的には多く登録して損することはまずないでしょう。
登録にお金がかかるわけではないので、ASPをいくつ登録しても問題はないと言えます。
ASPに多く登録するメリットとしては、自分が候補にできる広告がより多くなるということです。

選べる広告が多くなった方が、選択肢が多くなりますから、それによって自分の希望に沿った広告を見つけられる可能性が高まります。
その分いろいろな広告をチェックしないといけないという手間はありますけど、そういった部分を負担できるならば、自分が理想としている広告を見つけられる可能性が高まるというメリットがあるのです。

したがって、単純に選択肢が広くなることで、報酬に結び付けやすい広告を見つけられるメリットがあるわけですから、たくさんのASPに登録することは間違いとは言えないでしょう。
現実的にはある程度の数に抑えておかないと、そもそもどこに登録しているか?というのを忘れてしまう可能性、分からなくなる可能性があります。

少数に制限する必要はありませんが、無制限に登録するのもやめた方が良いと言えます。
そういった意味では、ASPの数自体は割と多いですけど、せいぜい10個くらいにしておくと良い気がします。
アフィリエイトを行うにはASPの存在は欠かせませんが、登録をするときにはそういったことも考えておいた方が良いです。

アフィリエイトにおけるASPは基本的にはメジャーどころから登録をしていくと良いです。
メジャーなところの方が掲載されている広告の数が多いので、これから始めたい人はそういったところから優先的に登録をして、トータルで10くらいに収まるようにしていくと良いのではないか?と思います。